ホーム>スタッフブログ>カーペットクリーニング>カーペット補修 ~波打ち、伸び防止~
カーペットクリーニング

カーペット補修 ~波打ち、伸び防止~

こんにちは。カーペットクリーニング、イスクリーニングでお馴染みのシンテックサービスです。

毎年KBCオーガスタ後にカーペットクリーニング施工させて頂いております、「芥屋ゴルフ倶楽部」様。

レストランのカーペットが雨の日になると波打ってしまうとの事でご相談いただきました。

雨が止んで湿気が無くなればもとに戻るのですが、伸びて波打った状態では躓いてしまう危険があり補修しました。

 

カーペットには濡れると縮むタイプと伸びるタイプがあります。

縮むカーペットはタフテッドカーペットと言い、表面のパイル(毛)を裏のラテックスゴムで固定してあります。

この裏のラテックスゴムが水分で伸びてしまい波打ちの原因となるのです。

本来ならカーペットが糊(接着剤)で固定されて伸びないようになっているはずなのですが、カーペットの劣化や時間の経過で糊(接着剤)が弱くなったことが原因で波打ちが発生していました。

 

カーペット補修.JPG

 

部分的にカーペットが貼り分けられていたので波打ちが発生する箇所を大胆に剥して糊を入れなおすことにしました。

すぐにめくれてしまうくらい接着力が弱っています。

 

カーペット補修.JPG

 

全面にのりを入れ直し、カーペットをかぶせて抑え込みます。

画像ではカーペットの約半分をめくっているので残りの半分も同じようにのりを入れます。

 

カーペット補修.JPG

 

しっかり接着させたので次回の雨の日は波打たずにおさまってくれるはずです。

雨の日に要確認です。

 

もうすぐ梅雨が始まります。雨が降るとカーペットが「伸びる」「波打つ」そんな時はお気軽にお問い合わせください。

カーペットの種類や施工方法に合わせて補修工事をご提案を致します。

お問合せ.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.shintech.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/277

PAGE TOP